飛行機でのマナーについて

PAGE LIST
飛行機でのマナーについて

飛行機でのマナーについて

私たちが時折利用する飛行機は公共施設の一つであるので、周囲の人に配慮したマナーが求められます。
まず、航空法の改正により飛行機の中での禁止事項となっている行為があります。
たとえば、お手洗での喫煙、携帯電話などの電子機器の使用、離着陸時のシートベルト不着用、手荷物を通路や非常時の脱出の妨げになる可能性のある場所に正当な理由がなく置くことなどがあります。
国際線などを利用した場合、機内のお手洗でお化粧直しをすると、数に限りがある為大勢の人に迷惑がかかるので、拭き取りシートで拭き取るか、現地の空港で済ませる事もマナーです。
携帯電話は飛行機の計器に影響を与える事があるので、必ず電源を切るようにします。
シートベルトは、機内での安全を確保する為に、着用が義務付けられています。
「シートベルト着用ランプ」の点灯の間、着用するよう心がけましょう。
離着陸の時に、お手洗に行きたくならないよう、機内でドリンクを飲みすぎない、事前にお手洗を済ませておくなどの対処をしましょう。
離着陸時だけでなく、食事の際にも、リライニングシートは元に戻しておき、他の人を気遣いましょう。
エコノミークラスの場合、手荷物は2つと決められているので、座席の下か頭上の荷物入れに入れ、邪魔にならないようにしましょう。
このようにマナーを守ることで、安全で快適な空の旅をすることができます。

Copyright (C)2014飛行機でのマナーについて.All rights reserved.